スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GAー990FXーGaming 設定終わり!

イヨ━ウ(´・ω・`)ノ

新マザーボードのOC設定、メモリ設定なども終わったんで
一息ついてます。

とりあえず エアコン読み室温22℃
5bd74d8d5e6627170655e37cad77e40a.jpg

OCCT Linpack AVX ALLcore 30分のみですが十分安定すると結論しました。
+12Vなどがおかしい数字ですがBIOSでは正常でした。

・core温度が全然上がらない 簡易水冷だけど冷却抜群
 ultimate3.0バンザイ!
・温度が全く問題ないので
 OCでフリーズする原因はVcore不足のみ
・C5FZ(旧マザー)で4,7Ghzが1.416Vで
 OCCT prime95が各2h通過してる(´・ω・`)
・4,6Ghz運用なので1.416Vで十分

上記の理由で安定動作としました。
まぁめんどかったのもある。

OCCTはよくストレステストと言われますが負荷などの。
このツールは負荷が掛かった、掛かってる時に
運用できるCPU温度かどうかを見るツールかと思います。
電圧上げれば通過しやすいってのは周知で
そのクロックと電圧で安全な温度で運用できるかどうか。

定格運用であればフリーズの原因なんてソフトウェア以外では
温度による熱暴走くらいと思います。
もちろん、その他ハードウェアが正常という条件ですが(´・ω・`)

んで、このマザーですがLLCのプログラム?が優秀です。
普通、高い負荷の時に電圧が上がると思いそうですが
高負荷から低負荷になる時に電圧がちょい盛られます。
言い換えればクロックの浮き沈みが激しい動作ほど機敏に動いてくれます。
高負荷はもちろん安定した電圧です。
C5FZとは違う面白い挙動でした(´・ω・`)

さて、次はパックアップ用に同じPLEXTORのM2を購入予定。
128GBあればいいんじゃないかな。

ってわけで今回はこのへんで! アディオ───(`・ω・´)ノ───ス
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。